沖縄の青の洞窟とは

青の洞窟って聴いたことありますか?

青の洞窟といえば、有名なところはイタリアのナポリ近くにあるカプリ島というところが有名でテレビなどでもよく紹介されていますが、このカプリ島にある青の洞窟と同じ様なところが日本の沖縄にもあるのです。【オススメサイトスカイリーフダイバーズ

ご存知でしょうか?イタリアまで行くのはちょっと難しいとしても、あの青の洞窟を日本国内で見られるとなると、現実的に感じませんか?

沖縄の青の洞窟はどこにあるのかといえば、本島の恩納村真栄田という岬の側にあります。

テレビでイタリアの青の洞窟を見たことがある人、実際に見たことのある人でも本場と変わらない美しい神秘的な青い洞窟内を見ることができます。

洞窟の中が青いというのは想像がつきますでしょうか?実に幻想的な雰囲気に息を飲む美しさであることは間違えありません。

沖縄にきて、青の洞窟へ行く場合は、真栄田岬の岩場から降りて泳いでいくか、恩納村の港からボートに乗っていくことができます。

真栄田岬には階段もあるのですが、大変混雑しやすく、急斜面で滑りやすいことなどもあるので、多くの観光客は恩納村の港からボートに乗っていくツアーを利用しています。

青の洞窟にはいつなら行けるのかといえば、一年の間でいつでも行くことができます。

ただし、夏場は台風の影響があるので、波が高いなど海が荒い時は行くことができません。

冬は北風の場合は海域が荒れることもあるので、夏なら良い、冬なら良いというのではなく、その沖縄に滞在している時の天気によるということになります。